诗与死

查看个人介绍

【中原中也】天真烂漫的歌/頑是ない歌

天真烂漫的歌

 

想来是在遥远的过去

十二岁冬天的那个傍晚

海港的天空中响彻的

汽笛的蒸汽今已不再

 

月亮躲在了云彩之间

我听见那汽笛的鸣音

身子悚然地瑟缩起来

那时月亮正挂在天上

 

从那以后过去了多少年

茫然地用悲哀的目光

追寻着汽笛的蒸汽

那时候的我今在何处

 

现在我有了妻子与孩子

怀想在那遥远的未来

从此之后又到何时为止

我将一直活下去

 

虽然我将一直活下去

经历长久的日日夜夜

对这岁月的恋情

不知为何没有了自信

 

即使如此只要我还活着

说到底努力是我的性格

想来连我自己

也觉得悲哀

 

试想一下不过如此

即使归根到底是努力

从前可恋的时光犹在  然后

想法子继续做下去吧

 

试想一下十分简单

毕竟只是意志的问题

不管怎样只好去做

只要做了就好

 

虽是这样想着

十二岁冬天的那个傍晚

海港的天空中响彻的

汽笛的蒸汽今已不再

 

頑是ない歌

 

思えば遠く来たもんだ
十二の冬のあの夕べ
港の空に鳴り響いた
汽笛(きてき)の湯気(ゆげ)は今いずこ

雲の間に月はいて
それな汽笛を耳にすると
竦然(しょうぜん)として身をすくめ
月はその時(とき)空にいた

それから何年経ったことか
汽笛の湯気を茫然(ぼうぜん)と
眼で追いかなしくなっていた
あの頃の俺はいまいずこ

今では女房(にょうぼう)子供持ち
思えば遠く来たもんだ
此(こ)の先まだまだ何時(いつ)までか
生きてゆくのであろうけど

生きてゆくのであろうけど
遠く経(へ)て来た日や夜(よる)の
あんまりこんなにこいしゅては
なんだか自信が持てないよ

さりとて生きてゆく限り
結局我(が)ン張(ば)る僕の性質(さが)
と思えばなんだか我(われ)ながら
いたわしいよなものですよ

考えてみればそれはまあ
結局我ン張るのだとして
昔恋しい時もあり そして
どうにかやってはゆくのでしょう

考えてみれば簡単だ
畢竟意志(ひっきょういし)の問題だ
なんとかやるより仕方もない
やりさえすればよいのだと

思うけれどもそれもそれ
十二の冬のあの夕べ
港の空に鳴り響いた
汽笛の湯気は今いずこ

解说:这首诗是作者28岁时所作。标题虽然是天真烂漫,实际上内容却含有生活之苦。当然,行文间也充满了中也常有的“道化调”(这个怎么译好呢……道化你们都懂的吧,就是小丑,有种故意说笑的感觉)。遠く在这首诗里既意味着遥远的过去,也代表着长久的未来,给人一种无边无际的迷茫感。我觉得看中也的诗,多少也能感受到他那份“努力”,(参看春日狂想)你会觉得他好似在悲哀中努力挣扎,然后透露出一些明快来。所以看这一首的时候忽然觉得十分悲哀,“不管是怎样的情景,只要努力就好了嘛,正好我的性格也是喜欢努力的嘛”大概是这样的天真烂漫的中也,幸与不幸,他的“遥远的”未来并不太长久。

评论(3)
热度(61)
  1. 寒木子7诗与死 转载了此文字
 
©诗与死 | Powered by LOFTER