诗与死

查看个人介绍

【中原中也】深夜的雨/夜更の雨

深夜的雨

               ——魏尔伦的面影——

 

雨 今夜也 一如往昔,

    唱着 一如往昔的 歌谣。

淅淅沥沥 绵绵不绝 稠稠密密。

    看见 魏氏的 笨重的身影,

走过 仓库 之间的 小路。

 

仓库 之间闪着 橡胶雨披的 反光。

    然后是 泥炭的 吝啬的 恶作剧。

若是能 走到这条 小路的 尽头,

    只要能 走到 便有微弱的 希望……

哎呀 一定 是有 希望的吧?

 

汽车 什么的 并不 需要,

    明亮的 外灯也 更是 多余。

酒场的 灯火 那腐烂的 眼珠啊,

   在遥远的 地方 化学① 也在鸣响。

①舎密,是江户后期的宇田川榕菴对Chemie的音译,意为化学。

夜更の雨

    ——ヴェルレーヌの面影——
 
雨は 今宵(こよい)も 昔 ながらに、
  昔 ながらの 唄を うたってる。
だらだら だらだら しつこい 程だ。
  と、見る ヴェル氏の あの図体(ずうたい)が、
倉庫の 間の 路次(ろじ)を ゆくのだ。

倉庫の 間にゃ 護謨合羽(かっぱ)の 反射(ひかり)だ。
  それから 泥炭(でいたん)の しみたれた 巫戯(ふざ)けだ。
さてこの 路次を 抜けさえ したらば、
  抜けさえ したらと ほのかな のぞみだ……
いやはや のぞみにゃ 相違も あるまい?

自動車 なんぞに 用事は ないぞ、
  あかるい 外燈(ひ)なぞは なおの ことだ。
酒場の 軒燈(あかり)の 腐った 眼玉よ、
  遐(とお)くの 方では 舎密(せいみ)も 鳴ってる。

解说:这首诗是在魏尔伦的《无言的恋歌》的“(我的心中流泪)如同巷中落雨”的基础上写的。然而他并没有把大诗人魏尔伦当做憧憬和崇拜的对象,而是当做平等的“魏氏”。魏尔伦这个意象本身,就有颓废的意味。

评论(3)
热度(54)
  1. 寒木子7诗与死 转载了此文字
 
©诗与死 | Powered by LOFTER