诗与死

查看个人介绍

【中原中也】回忆/思い出

回忆

 

天气晴好之日的,海面上

是何等的、那般的美丽!

天气晴好之日的,海面上

宛如,有金波、银波万顷

 

被那金与银的海面的波涛,

牵引着牵引着,虽然来到了

海角的岸边 金与银

还在远远的,海面上闪光。

 

海角的岸边是座砖瓦厂,

在工厂的庭院里晒着砖瓦,

晒干的砖瓦熠熠生辉

工厂里却,寂静无声

 

将身来到,砖瓦厂中,

我抽了一会儿烟草。

抽着烟草茫然出神,

海面上波涛在咆哮。

 

任凭海面上波涛在咆哮,

我毫不在意地茫然出神。

茫然出神着我的头与胸口

都接二连三地暖和了

 

接二连三地暖和了啊

海角的工厂沐浴着春天的太阳,

砖瓦厂寂静无声

里面的树丛间鸟儿啼鸣

 

即使有鸟儿啼鸣,砖瓦厂

也纹丝不动地静视着前方

即使有鸟儿啼鸣,砖瓦厂的

窗户玻璃也沐浴着太阳里

 

即使窗户玻璃沐浴着太阳

也丝毫感觉不到温暖

春天伊始的天气晴好之日的

海角的岸边的砖瓦厂啊!

 

      *          *
       *          *

 

砖瓦厂,其后就衰落了,

砖瓦厂,已经死去了

砖瓦厂的,窗户和玻璃,

听说现在被毁掉了

 

砖瓦厂,衰败而枯萎,

虽然如今,我仍在树丛前发呆

虽然如今,鸟儿仍在树丛里鸣叫

砖瓦厂,只是渐渐腐朽

 

虽然如今,海面上的波涛仍在咆哮

虽然太阳,仍照在庭院的土地上

这座砖瓦厂,民工不再来

这座砖瓦厂,我也不再去

 

曾经吐着,浓烟的烟囱,

如今也毛骨悚然地,仅仅是矗立着

下雨的日子里,格外令人毛骨悚然

即使在晴好的日子里,也相当可怖

 

就连那,相当可怖的烟囱

如今走偏道也,无法接近

这个庞大的,老练的家伙

每时每季在怨恨,那只眼睛非常可怕

 

惧怕着那只眼睛,我今天也

来到海滨,坐在石头上

茫然出神地低着头,陷入沉思

连我的胸膛里,也有波涛荡漾


思い出

 
お天気の日の、海の沖は
なんと、あんなに綺麗なんだ!
お天気の日の、海の沖は
まるで、金や、銀ではないか

金や銀の沖の波に、
ひかれひかれて、岬の端に
やって来たれど金や銀は
なおもとおのき、沖で光った。

岬の端には煉瓦工場が、
工場の庭には煉瓦干されて、
煉瓦干されて赫々(あかあか)していた
しかも工場は、音とてなかった

煉瓦工場に、腰をば据えて、
私は暫(しばら)く煙草を吹かした。
煙草吹かしてぼんやりしてると、
沖の方では波が鳴ってた。

沖の方では波が鳴ろうと、
私はかまわずぼんやりしていた。
ぼんやりしてると頭も胸も
ポカポカポカポカ暖かだった

ポカポカポカポカ暖かだったよ
岬の工場は春の陽をうけ、
煉瓦工場は音とてもなく
裏の木立で鳥が啼いてた

鳥が啼いても煉瓦工場は、
ビクともしないでジッとしていた
鳥が啼いても煉瓦工場の、
窓の硝子は陽をうけていた

窓の硝子は陽をうけてても
ちっとも暖かそうではなかった
春のはじめのお天気の日の
岬の端の煉瓦工場よ!

  *          *
       *          *

煉瓦工場は、その後廃(すた)れて、
煉瓦工場は、死んでしまった
煉瓦工場の、窓も硝子も、
今は毀(こわ)れていようというもの

煉瓦工場は、廃れて枯れて、
木立の前に、今もぼんやり
木立に鳥は、今も啼くけど
煉瓦工場は、朽ちてゆくだけ

沖の波は、今も鳴るけど
庭の土には、陽が照るけれど
煉瓦工場に、人夫は来ない
煉瓦工場に、僕も行かない

嘗(かつ)て煙を、吐いてた煙突も、
今はぶきみに、ただ立っている
雨の降る日は、殊にもぶきみ
晴れた日だとて、相当ぶきみ

相当ぶきみな、煙突でさえ
今じゃどうさえ、手出しも出来ず
この尨大(ぼうだい)な、古強者(ふるつわもの)が
時々恨む、その眼は怖い

その眼怖くて、今日も僕は
浜へ出て来て、石に腰掛け
ぼんやり俯(うつむ)き、案じていれば
僕の胸さえ、波を打つのだ

 

解说:这首长诗其实蛮有现实感的。诗人所惧怕的是何物?

说白了的话,是“死”。

评论
热度(52)
 
©诗与死 | Powered by LOFTER