诗与死

查看个人介绍

【中原中也】往昔之歌 后记

后记

 

收录于此处的诗篇,有超过半数是在《山羊之歌》以后发表的。创作的时间,最早的是大正十四年,最晚的是昭和十二年。顺便言之,《山羊之歌》中收录的是从大正十三年春到昭和五年春为止的作品。

若是只要作诗便可称之为“诗生活”的话,我的诗生活已经历了二十三年。若是从有了将诗作为本职的觉悟那一日起才应称之为“诗生活”的话,我度过了十五年的诗生活。

在这段说长也长,说短也短的岁月里,我所思所感的事情甚少。现在试着去讲讲它的概要,只是想一想也觉得可怕。因此,我没有什么想要说的。只有,我的个性于诗最为相适,从我的确确认了这一点的那天起我便将诗作为本职,是我不管怎样都想说的。

我现在,将此诗集的原稿整理好,托付给友人小林秀雄,告别东京十三年的生活,回乡里隐居。虽然还没有特别的新的计划,但我想更加潜心于诗生活。

就这样,此后将会如何呢……每念及此茫洋无际。

再见了东京!啊我的青春!

                                  [一九三七·九·二三]


後 記

 
 茲(ここ)に収めたのは、「山羊の歌」以後に発表したものの過半数である。作ったのは、最も古いのでは大正十四年のもの、最も新しいのでは昭和十二年のものがある。序(つい)でだから云(い)うが、「山羊の歌」には大正十三年春の作から昭和五年春迄のものを収めた。
 詩を作りさえすればそれで詩生活ということが出来れば、私の詩生活も既に二十三年を経た。もし詩を以て本職とする覚悟をした日からを詩生活と称すべきなら、十五年間の詩生活である。
 長いといえば長い、短いといえば短いその年月の間に、私の感じたこと考えたことは尠(すくな)くない。今その概略を述べてみようかと、一寸(ちょっと)思ってみるだけでもゾッとする程だ。私は何にも、だから語ろうとは思わない。ただ私は、私の個性が詩に最も適することを、確実に確かめた日から詩を本職としたのであったことだけを、ともかくも云っておきたい。
 私は今、此(こ)の詩集の原稿を纏(まと)め、友人小林秀雄に托し、東京十三年間の生活に別れて、郷里に引籠(ひきこも)るのである。別に新しい計画があるのでもないが、いよいよ詩生活に沈潜しようと思っている。
 扨(さて)、此(こ)の後どうなることか……それを思えば茫洋(ぼうよう)とする。
 さらば東京! おおわが青春!
                  〔一九三七・九・二三〕


到这里中原先生的诗集《往昔之歌》就全文翻译结束啦!之后会整理目录出来~感谢大家的阅览。

写下这篇后记约一个月后,中原先生便病逝了。果然,是说短也短,说长也长的时间。感谢他为我们留下了这么多美丽的诗篇。

Art is longlife is short.

评论(2)
热度(56)
 
©诗与死 | Powered by LOFTER